大阪市東成区玉造駅すぐ(JR環状線・鶴見緑地線)、婦人科・漢方内科、あやこレディースクリニックです。冷え症,婦人科疾患,不妊症,更年期障害など、主治医はあなた自身、女性の自立的な健康と笑顔をサポートします。

HPVワクチン

現在、漢方初回(新規)診療の受付は、予約人数多数の為、一時中止しております。
再開時期につきましては、別途お知らせいたします。

婦人科

  • 婦人科一般診療
  • 婦人科検査
  • その他の婦人科診療

生理痛や生理にともなうトラブルで悩む女性は実はとても多いです。

漢方内科

初診時に充分な問診と診察を行った上で、各自の体質と症状に合わせてエキス剤の合剤で治療します。症状の変化を診ながら、適宜処方内容を調節します。使用する漢方薬のほとんどは保険がききます。

点滴療法

「高濃度ビタミンC点滴」で免疫力アップ! 更に美しく、生き生きとした日常生活を送っていただくためのメニューを揃えました。

HPVワクチン

ヒトパピローマウイルスをご存知ですか?

ヒトパピローマヒトパピローマウイルスは、とてもありふれたウイルスで、女性の80%以上が、一生に一度は感染を経験するといわれています。特に若い世代の感染率は非常に高いといわれています。
ヒトパピローマウイルスには200種類以上の型があり、子宮頸がんや尖圭コンジローマなどさまざまな病気の原因となります。

HPVには、子宮頸がんの原因になる可能性のある高リスク型と、皮膚や粘膜にできるイボの原因となる低リスク型があります。

また、HPVは、子宮頸がん以外のがんを引き起こすこともあります。

高リスク型

HPV16型・HPV18型子宮頸がんの原因となるHPVの代表は16型18型で、子宮頸がんの原因の約65%を占めています。20~30代で発見される子宮頸がんの80~90%は、この16型・18型が原因です。
その他、子宮頸がんの原因となるHPVとして、31型・33型・35型・39型・45型・51型・52型・56型・58型・59型・66型・68型などがあります。

<子宮頸がん以外のがん>

外陰上皮內腫(がいいんじょうひないしゅよう)

進行すると外陰がんになります。外陰がんは女性性器がんの約3%を占めています。

腔上皮內腫痛(ちつじょうひないしゅよう)

進行すると膣がんになります。膣がんは女性性器がんの約1%を占めています。

低リスク型

HPV6型・HPV11型皮膚や粘膜にできるイボの原因となるHPVは6型11型です。

尖圭コンジローマ
  • 良性のイボが性器や肛門のまわりにできる病気です。
  • 痛みやかゆみなどの症状はほとんどなく、さまざまな形状のイボができます。
  • 治療しても再発しやすいといわれています。

これらの病気を予防するのが

ガーダシル シルガード9 です。

ガーダシル/シルガード9の予防効果

ガーダシル®はHPV6、11、16、18の4つの型のヒトパピローマウイルス(HPV)による感染を防ぐワクチンです。子宮頸がんを約60%以上予防します。

ガーダシル

シルガード®9はHPV6、11、16、18、31、33、45、52、58の9つの型のヒトパピローマウイルス(HPV)による感染を防ぐワクチンです。子宮頸がんを約90%以上予防します。

シルガード9

接種スケジュールについて

ガーダシル®、シルガード®9は初回接種(1回目)、2ヵ月後(2回目)、6ヵ月後(3回目)に、通常、腕の筋肉へ注射します。
3回接種することで予防効果が得られるため、3回目まできちんと接種してください。

接種スケジュール

1回目にガーダシル®を接種した場合には、2回目・3回目の接種もガーダシル®を使用してください。
同様に、1回目にシルガード®9を接種した場合には、2回目・3回目の接種もシルガード®9を使用してください。

1回目以降、2・3回目で他のHPVワクチンを接種した場合の予防効果は確認されていません。

接種のときは

①病院についたら
「HPVワクチン(ガーダシル®/シルガード®9)を接種される方へ」 の注意事項をよく読んで、接種予診票へ記入し、体温をはかります。
②診察室へ
問診、視診、聴診が行われます。
③ワクチンの接種
接種する部位にアルコール消毒し、筋肉注射します。

接種後の注意

接種後の腫れや痛みなどの症状が長く続く場合には、医師にご相談ください。

  • 接種後は、強く揉むことを避け、軽く圧迫する程度にとどめてください。
  • 接種後に、めまいやふらつき、失神などが起こることがあるため、接種後すぐに帰宅せず、30分程度は接種した医療機関で座って安静にしていてください。
  • 接種後翌日までは、接種部位を清潔に保ってください。
  • 接種後は、過度な運動を控えてください。
  • 接種した日の入浴は問題ありません。ただし、体を洗うときに注射部位を強くこすることは避けてください。

定期検診でより確実な予防を

ワクチンを接種したからといって、100%子宮頸がんを予防できるわけではありません。 早期発見および治療のために20歳になったら定期的に子宮頸がんの検診を受けるようにしましょう。

当院で摂取できるワクチン

● ガーダシル®4価(6型、11型、16型、18型)

接種対象者:9歳以上の男女

2011年より国に承認されているワクチンです。
年齢によっては、公費(無料)で接種することができます。

● シルガード®9(上記4種+31型、33型、45型、52型、58型)

接種対象者:9歳以上の女性

2021年2月24日より日本国内でも販売開始となりました。
現時点では、公費接種の対象外です。
接種希望者は、「ワクチンQダイアリー」への登録が必要となります。
院内で登録していただく必要がありますので、スマホやタブレットを持参してください。

◎ガーダシル®4価

● 1回接種費用・・・18,000円(診察料・税込)
● 初回、2回目、3回目・・・各回18,000円(税込)
● 3回を一度にお支払いされる場合・・・50,000円(税込)

◎シルガード®9

● 1回接種費用・・・38,000円(診察料・税込)
● 2回分セット・・・75,000円(税込)
● 3回分セット・・・105,000円(税込)

現金、もしくはPayPayでのお支払いが可能です。
※セット価格のお支払い後、2回目以降接種されない場合にもご返金はお受けしておりません。また接種有効期限は初回接種より1年以内となります。

ワクチン接種をご希望の方は、WEBからの予約をお願いいたします。
Web予約・受付はこちらから

お知らせ当クリニックは、大阪市のHPVワクチン接種公費助成の実施医療機関です。

クリニック情報

診療時間

当院は予約制となっております。お電話にてご予約下さい。

診療時間
10:00~13:00
16:00~19:00

△…火曜の診療時間は15:00-19:00まで ☆…金曜・土曜の診療時間は10:00-14:00まで
※午後の初診受付は18:30まで ※金曜・土曜の初診受付は13:30まで

休診日日曜、祝日

アクセス・地図

〒537-0025
大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造2F

JR環状線「玉造」駅から 徒歩約1分
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」駅③出口から 徒歩約5分

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6753-7416

駐車場あります

当クリニックは女性専用クリニックです

★男性のお連れさまへ
当院は女性専用クリニックのため、男性のお連れさまの付き添いはご遠慮いただいております。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

院長・医学博士|金 雅子(きむ あやこ)院長紹介はこちら
採用情報 HPVワクチン、シルガード9始めました。詳しくはこちら|予約受付中 メディア掲載情報はこちら 活性酸素を除去!水素吸入はこちら 女性に嬉しい成分「エクオール」はこちら 大阪市|風疹・MRワクチンの無料接種と助成についてはこちら 大阪市|風疹無料抗体検査についてはこちら スッキリクリアな毎日を!「アントシアニン」はこちら
分院のご案内|たまつくりクリニックはこちら

診療カレンダー

4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             
午後診のみ
午前診のみ
休診日

5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
午後診のみ
午前診のみ
休診日
診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2021 あやこレディースクリニック All Rights Reserved.