大阪市東成区玉造駅すぐ(JR環状線・鶴見緑地線)、婦人科・漢方内科、あやこレディースクリニックです。冷え症,婦人科疾患,不妊症,更年期障害など、主治医はあなた自身、女性の自立的な健康と笑顔をサポートします。

インフルエンザ

現在、漢方初回(新規)診療の受付は、予約人数多数の為、一時中止しております。
再開時期につきましては、別途お知らせいたします。

婦人科

  • 婦人科一般診療
  • 婦人科検査
  • その他の婦人科診療

生理痛や生理にともなうトラブルで悩む女性は実はとても多いです。

漢方内科

初診時に充分な問診と診察を行った上で、各自の体質と症状に合わせてエキス剤の合剤で治療します。症状の変化を診ながら、適宜処方内容を調節します。使用する漢方薬のほとんどは保険がききます。

点滴療法

「高濃度ビタミンC点滴」で免疫力アップ! 更に美しく、生き生きとした日常生活を送っていただくためのメニューを揃えました。

インフルエンザについて

ワクチンの効果

インフルエンザワクチンは、完全にインフルエンザを抑え込むことはできませんが、65歳以上の高齢者の発病を半数近くに減らし、死亡を80%程度阻止し、6歳未満の小児の発病防止には50〜60%程度有効であるという研究報告があります。

●ワクチン接種は誰のため?

インフルエンザにかかるのは15歳未満が最も多く、次いで60歳以上です(図1)。
入院(重症者は年間約2万人)は70歳以上が50%以上を占め、次いで0〜9歳が20%程度です(図2)。
高齢者はインフルエンザにかかると重症化しやすく、小児は重症しにくくても多数がかかるので、入院者数は多くなります。したがって、本来予防するのにもっとも重要な年代は、高齢者と小児です。
10代後半から中年層は、あまりかからず重症になる割合も低いですが、学校や仕事を休めないので、ワクチン接種を希望する人が多くいます。 多くの人が予防を心がけることによって流行しにくくなり、高齢者や小児などへの広がりを抑えて重症者数を減らすことにつながります。
ワクチン接種は自分のためでもあり、人のためでもあります。

図1:2018年2019年シーズンのインフルエンザ累積受診者(約1170.4万人)の年齢群別割合
図2:2018年2019年シーズンのインフルエンザの年齢群別入院患者報告数(20,389件)

※国立感染症研究所ホームページから

2018年2019年シーズンのインフルエンザ累積受診者(約1170.4万人)の年齢群別割合 グラフ

2018年2019年シーズンのインフルエンザの年齢群別入院患者報告数(20,389件)グラフ

この冬のインフルエンザワクチン接種

インフルエンザワクチンは新型コロナウイルスには効果がありませんが、インフルエンザによる肺炎を予防する効果があります。そのため、インフルエンザによる肺炎と新型コロナウイルス感染症のダブルパンチを防ぐ効果はあるでしょう。
「マスク・手洗い・手指消毒」は、インフルエンザにも、新型コロナにも共通の予防法です。いろいろな予防法を組み合わせて、インフルエンザにも新型コロナにもかからないようにしましょう。

●予防接種を受ける回数

インフルエンザワクチンは接種を受けるときの年齢によって回数が異なります。

生後6ヶ月以上〜13歳未満

 接種間隔はおよそ2~4週間とされていますが、できるだけ4週間程度の間隔をあけて接種した方が免疫の獲得は良いと言われています。
また、1回目の接種時に12歳で2回目の接種時に13歳になっていた場合は、2回目の接種も12歳とみなして実施します。
※一部のインフルエンザワクチンでは「1歳以上」の接種とされている場合もあります。

13歳以上

 接種間隔はおよそ1~4週間とされていますが、できるだけ4週間程度の間隔をあけて接種した方が免疫の獲得は良いと言われています。
13歳以上であっても、基礎疾患(慢性疾患)があるために著しく免疫が抑制されていると考えられる場合は医師の判断で2回接種とすることもあります。

●接種を受けた後の注意事項

 接種から数日中に、注射した部分が赤くなったりはれたり、硬くなったり痛みが出ることがあります。また、発熱や頭痛、関節痛、下痢、倦怠感などの全身症状がみられることもあります。通常2~3日でこれらの症状は消えますので、特別に処置をする必要はありませんが、心配な時は医師に相談しましょう。
また、ワクチン接種後の重大な副作用として、接種直後から概ね30分ぐらいまでの間に、アナフィラキシーショック(急性のアレルギー反応)、あるいは全身の皮膚の変化や蕁麻疹、呼吸困難などが起こることがあります。ほとんどは接種後30分以内に起きますので、その間は健康状態に注意し、医師と連絡がとれるようにしておきましょう。
このワクチンの接種後に、異なるワクチンを接種する場合の接種間隔に制限はありません。ただし、同時接種を希望する場合は、医師にご相談ください。

接種費用

1回接種費用・・・3,600円(税込)
※12歳以下で2回目接種の場合も1回3,600円(税込)です。

クリニック情報

診療時間

当院は予約制となっております。お電話にてご予約下さい。

診療時間
10:00~13:00
16:00~19:00

△…火曜の診療時間は15:00-19:00まで ☆…金曜・土曜の診療時間は10:00-14:00まで
※午後の初診受付は18:30まで ※金曜・土曜の初診受付は13:30まで

休診日日曜、祝日

アクセス・地図

〒537-0025
大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造2F

JR環状線「玉造」駅から 徒歩約1分
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」駅③出口から 徒歩約5分

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6753-7416

駐車場あります

当クリニックは女性専用クリニックです

★男性のお連れさまへ
当院は女性専用クリニックのため、男性のお連れさまの付き添いはご遠慮いただいております。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

院長・医学博士|金 雅子(きむ あやこ)院長紹介はこちら
採用情報 HPVワクチン、ガーダシル9価始めました。詳しくはこちら|予約受付中 HPVワクチン、ガーダシル9価始めました。詳しくはこちら|予約受付中 インフルエンザについて、詳しくはこちら|予防接種予約受付中 メディア掲載情報はこちら 活性酸素を除去!水素吸入はこちら 女性に嬉しい成分「エクオール」はこちら 大阪市|風疹・MRワクチンの無料接種と助成についてはこちら 大阪市|風疹無料抗体検査についてはこちら スッキリクリアな毎日を!「アントシアニン」はこちら
分院のご案内|たまつくりクリニックはこちら

診療カレンダー

12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             
午後診のみ
午前診のみ
休診日

1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
午後診のみ
午前診のみ
休診日
診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2020 あやこレディースクリニック All Rights Reserved.