漢方内科

漢方内科 患者さま一人ひとりに合わせたオリジナル処方

 初診時に充分な問診と診察を行った上で、各自の体質と症状に合わせてエキス剤の合剤で治療します。症状の変化を診ながら、適宜処方内容を調節します。必要時は煎じ薬も使用します。使用する漢方薬のほとんどは保険がききます。

漢方の基本

煎じ薬とエキス剤

 現在、多くの臨床医が用いてる漢方薬は医療用漢方エキス製剤とよばれるものです。 エキス剤の多くは顆粒または粉末で、中には錠剤もあります。 エキス剤に対して生薬をグツグツ煮出して作る煎じ薬があります。

 エキス剤は毎日時間をかけて煎じる手間が省けます。また携帯に便利であり、保存もできます。しかし、煎じた漢方薬をエキス剤にする過程ですべての漢方薬の成分を含むものは作りにくいようです。 煎じ薬は毎日煎じる手間がかかりますが、治療を担当する医師によってさじ加減が出来ます。 エキス剤にない処方をどうしても用いたい時やエキス剤では効果が不十分な場合に煎じ薬が使用されるようです。

 なお、基本的に医療用漢方エキス製剤と煎じ薬はともに健康保険が使用できます。(ただし、中には保険適用外のお薬もあります。)

漢方薬が得意とする病気

 漢方が単独で使用可能な場合があります。風邪の初期の場合、脈が触れやすく汗をかいていないもので体力があれば葛根湯を、汗が出ていれば桂枝湯を、脈が触れにくく寒がりで余り元気が無い方が風邪を引いた場合は麻黄附子細辛湯を用いて比較的短期間での治療が期待できます。また、明け方のこむら返りには芍薬甘草湯は大変有効です。そのように短時間で臨床効果が現れる場合もあります。その他、花粉症に対する小青竜湯、膝の痛みに対する防已黄耆湯、頭痛吐き気に対する五苓散など、即効性を期待される漢方がある一方、体質のゆがみの改善を目的とする漢方治療があります。

 漢方治療が適する体質としては、アレルギー体質(花粉症・アトピー性皮膚炎・喘息・じんましん)、冷え(月経困難症・月経不順・冷え症・不妊症・頭痛・肩こり)、虚弱・疲労(小児虚弱体質・慢性疲労症候群)、老化(認知症の周辺症状・夜間頻尿・腰痛・気分障害)などがあります。

 その他、副作用等で西洋医学治療が困難な病態(胃潰瘍のある患者の頭痛など)、ストレス因子の強い病態などでも漢方は比較的使用しやすいです。

体質編

漢方では、病状だけではなく、患者さま一人ひとりの「体質」を把握し、患者さまに合う漢方薬を処方します。あなたは、どんな体質なのか、チェックしてみましょう。

 

疾患編

  • 冷え症
  • 月経痛
  • PMS(月経前症候群)
  • 不妊症
  • 更年期障害
  • 胃痛・胃もたれ
  • 過敏性腸症候群
  • 慢性疲労症候群
  • 自律神経失調症
  • 花粉症
  • アトピー性皮膚炎(※)
  • にきび
  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • 便秘

(※)症状に応じてステロイド、その他外用剤を使用します。

クリニック情報

診療時間

診療時間
10:00-13:00
16:00-19:00

△火曜の診療時間は15:00-19:00まで

☆金曜・土曜の診療時間は10:00-14:00まで
※午後の初診受付は18:30まで
※金曜・土曜の初診受付は13:30まで

休診日日曜日・祝日

カレンダー

5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
午後診のみ
午前診のみ
休診日

6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             
午後診のみ
午前診のみ
休診日

アクセス

JR環状線「玉造駅」から徒歩約1分 地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」
③出口から徒歩約5分

〒 537-0025
大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造2F

TEL: 06-6753-7416

FAX: 06-6753-7419

アクセスマップ x Google Mapはこちら

ご予約

当院は予約制となっております。
お電話、ホームページよりご予約下さい。

※診療時間内のご予約は、できるだけお電話でお願いします。

当クリニックは女性専用クリニックです

当院は女性専用クリニックのため、男性のお連れさまの付き添いは ご遠慮いただいております。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。