スマートフォン専用サイトはこちら
婦人科

・婦人科一般診療
・婦人科検査
・その他の婦人科診療

漢方内科

 初診時に充分な問診と診察を行った上で、各自の体質と症状に合わせてエキス剤の合剤で治療します。症状の変化を診ながら、適宜処方内容を調節します。必要時は煎じ薬も使用します。使用する漢方薬のほとんどは保険がききます。

・冷え症 ・慢性疲労症候群
・月経痛 ・自律神経失調症
・PMS ・花粉症
(月経前症候群) ・アトピー性皮膚炎 (※)
・不妊症 ・にきび
・更年期障害 ・蕁麻疹
・胃痛・胃もたれ ・湿疹
・過敏性腸症候群 ・便秘

(※) 症状に応じてステロイド、その他外用剤を使用します。

点滴療法

» 高濃度ビタミンC点滴療法
» 美容(光治療)

患者さまの声 メディア掲載 美容・光治療 エクオール 風疹とMRワクチンについて アントシアニン
院長紹介はこちら
予約ボタン02

 

「避妊をしなかった」「コンドームが破れた」 このような場合に、望まない妊娠を避ける為に行うのが、緊急避妊法です。(あくまで緊急的な避妊方法です。)
妊娠は、①排卵 ②受精 ③受精卵の着床という3段階で成立します。
緊急避妊薬(モーニング・アフターピル)は、排卵と着床を抑制する薬なので、受精後でも効果があります。

※ 中絶薬ではありませんので、すでに妊娠している方には使用できません。
※ 緊急避妊薬は性交渉後から服用までの時間が短いほど避妊効果が高いことがわかっています。希望する際は、できるだけ早く受診することをおすすめします。

【服用方法】

  1回目
(性交渉後、72時間以内)
2回目
(1回目から12時間後)
アフターピル 2錠内服 2錠内服
吐き気止め 1錠内服 1錠内服

【避妊効果】

上記のように正しく服用し、嘔吐しなければ98%の方は妊娠しません。
※2回目の服用の12時間後に、続けて低用量ピルを服用すれば、より避妊の効果が高くなります。

【副作用】

服用された約50%の方は吐き気をもよおし、約10%の方は嘔吐を生じます。
副作用をできるだけ抑えるため、吐き気止めの薬を同時に服用していただきます。

【 費 用 】

緊急避妊薬(アフターピル)+吐き気止め:〔自費診療〕・・・・・・8,640円(診察料・税込)

↑ページトップへ

A) 早い方で 3・4日後に、遅くても3週間以内に生理が来ます。3週間過ぎても生理がこなければ避妊に失敗したかもしれないので妊娠検査薬などで確認して下さい。

A) 服用から2時間以上経過していれば、吸収されていますので問題ありません。
2時間経っていない場合は、1回目を吐いたなら2回目の分を服用し、すぐにご来院下さい。

A) 報告されている限りでは、妊娠の継続や胎児に悪影響はありません。

新しい緊急避妊薬(アフターピル)です。 2回の服用が必要な従来のタイプと比べ、副作用(吐き気)がほとんどなく、より効果の高いお薬です。
1回の服用で十分な避妊効果を得られます。吐き気や嘔吐などの副作用が従来のものよりも少ないため、翌日から仕事があるなど、忙しい方にもおすすめです。

【服用方法】

  1回のみ
(性交渉後、72時間以内)
ワンステップ・アフターピル 2錠内服

【 費 用 】

ワンステップ・アフターピル:〔自費診療〕・・・・・・15,120円(診察料・税込)

↑ページトップへ

当院は予約制となっております。お電話、
ホームページよりご予約下さい。

診療時間
10:00ー13:00
16:00ー19:00

△火曜の診療時間は15:00-19:00まで

☆金曜・土曜の診療時間は10:00-14:00まで

※午後の初診受付は18:30まで
※金曜・土曜の初診受付は13:30まで

休診日:日曜日・祝日
〒 537-0025
大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造2F
TEL: 06-6753-7416 FAX: 06-6753-7419

WEBでのご予約はこちら

JR環状線「玉造駅」から徒歩約1分
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」
③出口から徒歩約5分
◎駐車場あります

  • 当クリニックは
    女性専用
    クリニックです
  • ★男性のお連れさまへ

    当院は女性専用クリニックのため、男性のお連れさまの付き添いは
    ご遠慮いただいております。
    ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。