スマートフォン専用サイトはこちら
婦人科

・婦人科一般診療
・婦人科検査
・その他の婦人科診療

漢方内科

 初診時に充分な問診と診察を行った上で、各自の体質と症状に合わせてエキス剤の合剤で治療します。症状の変化を診ながら、適宜処方内容を調節します。必要時は煎じ薬も使用します。使用する漢方薬のほとんどは保険がききます。

・冷え症 ・慢性疲労症候群
・月経痛 ・自律神経失調症
・PMS ・花粉症
(月経前症候群) ・アトピー性皮膚炎 (※)
・不妊症 ・にきび
・更年期障害 ・蕁麻疹
・胃痛・胃もたれ ・湿疹
・過敏性腸症候群 ・便秘

(※) 症状に応じてステロイド、その他外用剤を使用します。

点滴療法

» 高濃度ビタミンC点滴療法
» 美容(光治療)

患者さまの声 メディア掲載 美容・光治療 エクオール 風疹とMRワクチンについて アントシアニン
院長紹介はこちら
予約ボタン02

 

大丈夫?性感染症(STD)

性感染症(STD)とは

性感染症とは、性行為によって、皮膚や粘膜を通して感染する病気の総称です。

◎見逃さないで「おりもの」の変化

「おりもの」は女性性器から出るさまざまな分泌物の総称で、「帯下(たいげ)」とも呼ばれます。主に腟壁の古い細胞や子宮頸管からの粘液、皮脂腺や汗腺からの分泌物などが混じり合っています。 STDに感染した女性では、おりものの量や色やにおいに異常が見られることもありますので、おりものの変化に気づいた時は、放っておかずに診察を受けましょう。

●性感染症(STD)には...

STDにはクラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペス、尖圭(せんけい)コンジローマ、トリコモナス感染症、梅毒、毛じらみ、肝炎、HIV感染/エイズなどがあります。 近年、代表的なSTDとされた梅毒は次第に影をひそめ、代わって自覚症状に乏しいクラミジア感染症やHIV感染などがひろがってきました。このように症状の出ない感染もあることから、最近ではSTD(Sexually transmitted Disease:性感染症)という名前以外に、STI(Sexually transmitted Infection:性感染)と呼ばれることもあります。

垂直(母子)感染とは・・・?
母親の胎盤から胎児に感染させたり、生まれてくるときに産道で感染することを垂直感染といいます。このような感染を予防するためにも、妊娠中には積極的にSTDの検査を受け、治療や出産方法などについて主治医と相談する必要があるでしょう。
ピンポン感染とは・・・?
カップルの片方が性感染症にかかった場合、性行為によってパートナーにも病気をうつしている可能性があります。ですから、本人が治療して治っても、パートナーも治療しなければ、その後の性行為によって再び感染してしまいます。こうしたピンポン玉のやりとりのような繰り返しを防ぐため、どちらかがSTDと診断された場合は2人同時に治療することが大切です。

STDの種類と特徴

●クラミジア感染症

女性がかかる性感染症では最も頻度が高いものです。男性も女性も自覚症状が少ないことが特徴です。このため気がつかないうちに病気が進行し、女性の場合は子宮や卵巣にまで炎症が広がり、不妊の原因になることがあります。

自覚症状としてはおりものの増加、頻尿や排尿痛、性交後の性器出血などがあります。進行すると上腹部痛をともなうこともあります。

●トリコモナス膣炎

寄生虫の一種であるトリコモナス原虫が、腟内に入り込むことによって感染します。まれにお風呂の椅子などでもうつることがありますが、主な感染経路は性行為です。

症状としては、おりものの量が増え、臭いが強くなり、性器付近に強いかゆみを感じます。

●性器ヘルペス

感染しても必ず発症するとは限りませんが、自覚症状としては性器に生じる水疱やそけい部のリンパ腺の腫れなどがあげられます。軽いかゆみを感じることもありますが、一般的に、初期感染による発症では歩けないほど痛むことも珍しくありません。

一度感染すると、脊髄神経節にウイルスが潜み、ストレスや風邪などで抵抗力が落ちたときに再発することがあります。妊娠中にこの病気が発症すると、出産時に産道でこどもに感染する恐れがあります。

●淋菌感染症

淋菌感染症はいずれの国においても、クラミジア感染症に並んで、頻度の高いSTDで、日本では特に男性に多く見られます。男性は排尿時に痛みを感じるなど比較的容易の症状が出ますが、女性は自覚症状が非常に少ないため気付きにくいのが特徴です。

感染を放置したまま症状が進む淋菌が子宮から卵管まで広がり、激しい下腹部痛と発熱が起こり、子宮外妊娠や不妊症の原因になることもあります。

●尖圭(せんけい)コンジローマ

ヒト・パピローマウイルス(HPV)の感染によるもので、男性は性器に、女性は腟や外陰部、子宮頸部に薄茶色や灰色のイボができますが、痛みやかゆみはありません。再発しやすいので徹底的に治すことが大切です。

●HIV感染症(エイズ)

エイズは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により起こる感染症です。感染してから発症するまでの潜伏期間が6ヵ月~10年以上と長いのが特徴で、発症すると人間に必要な免疫力が著しく

低下し、健康な体ではほとんど害のない細菌やウイルスの感染、悪性疾患などにより死に至ることもあります。また、他の感染症に感染しているとHIVになりやすくなります。

ほとんどのSTDは自覚症状が乏しいため、気付かないままに進行し、疾患によっては治療した後でも残る後遺症として、不妊症などが心配されます。

  • ・おりものの量が増えた。
  • ・おりものの色が変わった。臭いが強い。
  • ・外陰部に痛みやかゆみを感じる。
  • ・外陰部に水疱やイボができた。
  • ・性交時や排尿時に痛みがある。
  • ・性交後、性器から出血する。
●どの科に行けばいいの?

女性の場合、産婦人科や泌尿器科で検査や治療を受けられます。また、皮膚症状の強い性器ヘルペスや尖圭(せんけい)コンジローマなどは皮膚科でも治療を行います。

●どんな検査をするの?

疑われるSTDの種類によって若干の違いはありますが、問診を行い、おりものや性器の状態を観察したり、尿検査、血液検査、腟分泌物検査などを行います。

●治療法

飲み薬や軟膏の他、注射や腟に入れる錠剤などもあります。ほとんどのSTDは薬で治療できますが、中には手術が必要なものやエイズのように未だ完全な治療法が確立されていないものもあります。

STDの予防法

●コンドームを正しく使いましょう。

コンドームは、STDの予防には欠かすことのできない強い味方です。ただし、最初から最後まで正しく使用しなければ確実な効果を得ることができません。また、破れたり、外れたりしないよう、装着法も学びましょう。

●パートナーを特定しましょう。

複数のパートナーとのセックスは、感染する機会を増やします。パートナーの特定は感染予防のために大切なことです。

●清潔なセックスを心がけましょう。

セックスの前後の入浴などを心がけ、いつも体を清潔に保つことが大切です。肛門などに触れた手で腟や外陰部などに触れないようにすることも感染防止につながります。

当院は予約制となっております。お電話、
ホームページよりご予約下さい。

診療時間
10:00ー13:00
16:00ー19:00

△火曜の診療時間は15:00-19:00まで

☆金曜・土曜の診療時間は10:00-14:00まで

※午後の初診受付は18:30まで
※金曜・土曜の初診受付は13:30まで

休診日:日曜日・祝日
〒 537-0025
大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造2F
TEL: 06-6753-7416 FAX: 06-6753-7419

WEBでのご予約はこちら

JR環状線「玉造駅」から徒歩約1分
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」
③出口から徒歩約5分
◎駐車場あります

  • 当クリニックは
    女性専用
    クリニックです
  • ★男性のお連れさまへ

    当院は女性専用クリニックのため、男性のお連れさまの付き添いは
    ご遠慮いただいております。
    ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。