スマートフォン専用サイトはこちら
婦人科

・婦人科一般診療
・婦人科検査
・その他の婦人科診療

漢方内科

 初診時に充分な問診と診察を行った上で、各自の体質と症状に合わせてエキス剤の合剤で治療します。症状の変化を診ながら、適宜処方内容を調節します。必要時は煎じ薬も使用します。使用する漢方薬のほとんどは保険がききます。

・冷え症 ・慢性疲労症候群
・月経痛 ・自律神経失調症
・PMS ・花粉症
(月経前症候群) ・アトピー性皮膚炎 (※)
・不妊症 ・にきび
・更年期障害 ・蕁麻疹
・胃痛・胃もたれ ・湿疹
・過敏性腸症候群 ・便秘

(※) 症状に応じてステロイド、その他外用剤を使用します。

点滴療法

» 高濃度ビタミンC点滴療法
» 美容(光治療)

患者さまの声 メディア掲載 美容・光治療 エクオール 風疹とMRワクチンについて アントシアニン
院長紹介はこちら
予約ボタン02

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

 両側卵巣の多嚢胞性腫大に、月経異常(無月経・無排卵周期症など)、不妊を伴い、血液検査でLH(黄体形成ホルモン)高値を認める内分泌疾患を多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と言います。
 超音波検査では、両側卵巣に2-8㎜程度の嚢胞状の卵胞を多数認めます(ネックレスサイン)。何らかの内分泌学的異常によって卵胞発育が抑制されることが原因と考えられています。
 また、多毛やにきびなどの男性化徴候やテストステロン(男性ホルモン)高値、肥満を呈する場合もありますが、日本では欧米に比べてその頻度は低いとされています。
 月経異常や不妊を訴えて婦人科を受診される方のなかから診断されることが多く、排卵障害の1割以上を占めます。PCOSの原因は視床下部―下垂体、卵巣、副腎皮質の機能異常やインスリン抵抗性などが複雑に絡んでいるものと推定されますが、詳しくは解明されていません。

治療はどうしますか?

挙児希望の有無により治療法は異なります。

挙児希望がない場合

◎ 薬物療法(月経異常に対する治療)

  • 黄体ホルモン:周期的に消退出血を起こします。
  • 低用量ピル(OC):定期的な出血を起こす効果の他に、LH分泌の抑制や卵巣由来の男性ホルモンの過剰を改善します。また、多毛やにきびなどの症状も改善されます。
  • カウフマン療法:エストロゲンと黄体ホルモンの投与により消退出血を起こします。
  • 漢方薬:体質に応じた処方により、月経異常の改善をはかります。

挙児希望がない場合

◎ 薬物療法(排卵誘発法)

  • クロミフェン療法(クロミフェン):排卵率は50%、妊娠率は10-20%です。
  • hMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法):多数の卵胞が同時に発育し、卵巣過剰刺激症候群を起こしやすいので注意が必要です。
  • 漢方薬:体質に応じた処方により、月経異常の改善をはかり自然排卵をめざします。
  • その他:高プロラクチン血症を認める場合にはプロラクチンを下げる薬剤を併用します。 また、クロミフェン無効例(約半数)でインスリン抵抗性を認める場合には、メトホルミンやインスリン抵抗性改善薬を併用します。

◎ 手術療法

  • 腹腔鏡下卵巣焼灼術:肥厚した卵巣の白膜を穿通し、卵胞発育と排卵を促します。 術後の自然排卵率は80%以上、累積妊娠率は60%以上ですが、通常1-2年で効果は失われ、再び無排卵になります。

当院は予約制となっております。お電話、
ホームページよりご予約下さい。

診療時間
10:00ー13:00
16:00ー19:00

△火曜の診療時間は15:00-19:00まで

☆金曜・土曜の診療時間は10:00-14:00まで

※午後の初診受付は18:30まで
※金曜・土曜の初診受付は13:30まで

休診日:日曜日・祝日
〒 537-0025
大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造2F
TEL: 06-6753-7416 FAX: 06-6753-7419

WEBでのご予約はこちら

JR環状線「玉造駅」から徒歩約1分
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」
③出口から徒歩約5分
◎駐車場あります

  • 当クリニックは
    女性専用
    クリニックです
  • ★男性のお連れさまへ

    当院は女性専用クリニックのため、男性のお連れさまの付き添いは
    ご遠慮いただいております。
    ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。