スマートフォン専用サイトはこちら
婦人科

・婦人科一般診療
・婦人科検査
・その他の婦人科診療

漢方内科

 初診時に充分な問診と診察を行った上で、各自の体質と症状に合わせてエキス剤の合剤で治療します。症状の変化を診ながら、適宜処方内容を調節します。必要時は煎じ薬も使用します。使用する漢方薬のほとんどは保険がききます。

・冷え症 ・慢性疲労症候群
・月経痛 ・自律神経失調症
・PMS ・花粉症
(月経前症候群) ・アトピー性皮膚炎 (※)
・不妊症 ・にきび
・更年期障害 ・蕁麻疹
・胃痛・胃もたれ ・湿疹
・過敏性腸症候群 ・便秘

(※) 症状に応じてステロイド、その他外用剤を使用します。

点滴療法

» 高濃度ビタミンC点滴療法
» 美容(光治療)

患者さまの声 メディア掲載 美容・光治療 エクオール 風疹とMRワクチンについて アントシアニン
院長紹介はこちら
予約ボタン02

 

更年期障害

女性のからだはエストロゲンと共に変化します

女性のからだは、一生を通じて女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響を受けています。特にエストロゲンは、女性のライフステージによって分泌量が大きく変化します。

閉経とは?

更年期のさまざまな症状

さまざまな症状

症状を感じたら婦人科や更年期外来へ

HRTとは?

HRTはエストロゲンを補う治療法です

 HRT(ホルモン補充療法)とは、更年期を迎え、女性のからだの中で分泌が低下し、欠乏してゆくエストロゲンを薬で補う治療法です。
 HRTは、エストロゲンの欠乏により引き起こされた症状を、エストロゲンそのものを補うことにより軽減させる治療法で、原因療法といえます。
 また、女性のからだのさまざまな器官に作用しているエストロゲンを維持することは、更年期に温床ができ、老年期に顕在化する病気(動脈硬化や骨粗しょう症など)の予防にもつながる可能性があるといわれています。

HRTの主な効果

HRTは欠乏しているエストロゲンを補うことで、からだ全体に良い効果をもたらしてくれます。

◎のぼせ、ほてり、発汗などの症状を改善する

◎性器の萎縮で起こる膣炎や性交痛を改善する

◎骨がとけだすのを抑え、骨量を維持し、骨粗しょう症を防ぐ

また、このほかにも以下のような作用も認められています。

○意欲や集中力の低下を回復させ、気分の落ち込みを和らげる。

○悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やし、血管のしなやかさを保ち、
 動脈硬化を防ぐ。

○皮膚のコラーゲンを増やし、肌の潤いを保つ。

◎HRTの薬の種類

エストロゲン製剤

HRTにはエストロゲン製剤が使用されます。
エストロゲン製剤には飲み薬と貼り薬、肌に塗るジェル剤などがあります。

経口剤
貼付剤
ジェル剤
黄体ホルモン製剤

子宮がある患者さまにはエストロゲン製剤に加えて、子宮体がんを予防するために
黄体ホルモン製剤が使用されます。

エストロゲンと黄体ホルモンの配合剤

1製剤中に、エストロゲンと黄体ホルモンが含まれている薬です。
子宮がある患者さまにとっては、一つの薬ですむので便利です。

事前調査の種類

患者さまにあった薬・方法を選ぶために必要な検査を行います。

HRTを始めたら

定期的に検診を受けましょう

 HRTを続けている間は、症状の改善状態をみるためにも、定期的な検診が必要となります。
 更年期は生活習慣病をはじめ、子宮体がんや卵巣がん、乳がんなどが多くなる年齢です。HRTによって定期検診が習慣になると病気の早期発見と治療につながり、更年期以降のトータルヘルスケアという意味でも大きなメリットとなります。

定期的な検診の習慣があなたを守ります

当院は予約制となっております。お電話、
ホームページよりご予約下さい。

診療時間
10:00ー13:00
16:00ー19:00

△火曜の診療時間は15:00-19:00まで

☆金曜・土曜の診療時間は10:00-14:00まで

※午後の初診受付は18:30まで
※金曜・土曜の初診受付は13:30まで

休診日:日曜日・祝日
〒 537-0025
大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造2F
TEL: 06-6753-7416 FAX: 06-6753-7419

WEBでのご予約はこちら

JR環状線「玉造駅」から徒歩約1分
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」
③出口から徒歩約5分
◎駐車場あります

  • 当クリニックは
    女性専用
    クリニックです
  • ★男性のお連れさまへ

    当院は女性専用クリニックのため、男性のお連れさまの付き添いは
    ご遠慮いただいております。
    ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。