スマートフォン専用サイトはこちら
婦人科

・婦人科一般診療
・婦人科検査
・その他の婦人科診療

漢方内科

 初診時に充分な問診と診察を行った上で、各自の体質と症状に合わせてエキス剤の合剤で治療します。症状の変化を診ながら、適宜処方内容を調節します。必要時は煎じ薬も使用します。使用する漢方薬のほとんどは保険がききます。

・冷え症 ・慢性疲労症候群
・月経痛 ・自律神経失調症
・PMS ・花粉症
(月経前症候群) ・アトピー性皮膚炎 (※)
・不妊症 ・にきび
・更年期障害 ・蕁麻疹
・胃痛・胃もたれ ・湿疹
・過敏性腸症候群 ・便秘

(※) 症状に応じてステロイド、その他外用剤を使用します。

点滴療法

» 高濃度ビタミンC点滴療法
» 美容(光治療)
» 美容商品

患者さまの声 メディア掲載 美容・光治療 エクオール 風疹とMRワクチンについて アントシアニン
院長紹介はこちら
予約ボタン02

 

 カンジダ腟炎はカンジダという真菌(カビ)が膣内で増殖し繁殖しておこる病気です。
カンジダはもともと膣や外陰部に存在する常在菌ですが、性交渉によって移行し繁殖したり(外因性感染)、もともと膣内に常在していたカンジダが何らかの誘因により繁殖して(内因性感染)発症します。
 カンジダ腟炎(性器カンジダ症)は性感染症に含まれますが、それ以外の原因(糖尿病、抗生物質服用など)でも発症することがあります。カンジダの保菌率は非妊婦で約15%、妊婦で約30%と言われています。
(カンジダは常在菌であるため、無症状のパートナーの治療は必要ありません。)

どういう症状があらわれますか?

典型的には、酒かす状、粥状、ヨーグルト状のおりものが出てきます。 また外陰部がかゆくなり、赤みや痛み、腫れも生じます。自覚症状があまりない場合もあります。

原因は何ですか?

  • 疲労・過労・睡眠不足などのストレス
  • 食生活の乱れ
  • 腸内細菌叢の乱れ
  • 体調不良
  • 抗生物質の服用
  • 妊娠
  • ステロイド剤の服用
  • 糖尿病
  • 保湿・保温性の高いナイロン製の下着の着用
  • 性交渉

どういう治療をしますか?

抗真菌薬の膣錠や外用剤で治療を行ないます。
基本的には2-3回の通院治療で改善します。

生活上の注意点

当院は予約制となっております。お電話、
ホームページよりご予約下さい。

診療時間
10:00ー13:00
16:00ー19:00

△火曜の診療時間は15:00-19:00まで

☆金曜・土曜の診療時間は10:00-14:00まで

※午後の初診受付は18:30まで
※金曜・土曜の初診受付は13:30まで

休診日:日曜日・祝日
〒 537-0025
大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造2F
TEL: 06-6753-7416 FAX: 06-6753-7419

WEBでのご予約はこちら

JR環状線「玉造駅」から徒歩約1分
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」
③出口から徒歩約5分
◎駐車場あります

  • 当クリニックは
    女性専用
    クリニックです
  • ★男性のお連れさまへ

    当院は女性専用クリニックのため、男性のお連れさまの付き添いは
    ご遠慮いただいております。
    ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。