スマートフォン専用サイトはこちら
婦人科

・婦人科一般診療
・婦人科検査
・その他の婦人科診療

漢方内科

 初診時に充分な問診と診察を行った上で、各自の体質と症状に合わせてエキス剤の合剤で治療します。症状の変化を診ながら、適宜処方内容を調節します。必要時は煎じ薬も使用します。使用する漢方薬のほとんどは保険がききます。

・冷え症 ・慢性疲労症候群
・月経痛 ・自律神経失調症
・PMS ・花粉症
(月経前症候群) ・アトピー性皮膚炎 (※)
・不妊症 ・にきび
・更年期障害 ・蕁麻疹
・胃痛・胃もたれ ・湿疹
・過敏性腸症候群 ・便秘

(※) 症状に応じてステロイド、その他外用剤を使用します。

点滴療法

» 高濃度ビタミンC点滴療法
» 美容(光治療)
» 美容商品

患者さまの声 メディア掲載 美容・光治療 エクオール 風疹とMRワクチンについて アントシアニン
院長紹介はこちら
予約ボタン02

 

子宮内膜症

子宮内膜症とは?

 子宮内膜症とは、子宮内膜に似た組織が卵巣や骨盤の壁(腹膜)など、本来あるべき子宮内膜以外の場所に発生し、発育する病気です。病変が増殖・剥離を繰り返し、組織に血液がたまることでさまざまな症状を引き起こします。20-30代の女性によくみられる病気です。特に卵巣に発生したものを卵巣チョコレートのう腫、子宮筋層に発生したものを子宮腺筋症といいます。また、不妊女性の多くに子宮内膜症が認められることから、不妊と子宮内膜症には何らかの因果関係があると考えられています。

子宮内膜症の発生部位

子宮内膜症

 最も発症率が高い場所は卵巣ですが、その他、子宮と直腸の間のくぼみ(ダグラス窩)、子宮と膀胱の間のくぼみ(膀胱子宮窩)、子宮を支える靭帯(仙骨子宮靭帯)、卵管、子宮筋層、骨盤腹膜や、まれに肺や胸膜に発生することもあります。

主な症状

月経困難症
生理痛
子宮内膜症の症状のうち、最も多いのが生理痛です。生理中やその直前・直後に激しい下腹痛・腰痛などがあり、日常生活にも支障を来すことがあります。
下腹痛・腰痛
排便時痛
生理に伴っておきる場合もありますが、生理以外の時でも症状がでる人もいます。排便時の痛みや下血(排便時に出血)などもあります。
性交痛 性交時に痛みをともなうことがあります。性交痛は一般に生理前に強くなることが多いですが、痛みの程度は人によって違います。また、ある特定の部分に接触すると痛みが増強することもあります。
月経過多 生理の経血量が多くなり、血のかたまりが多量に出たり、ナプキン等を頻回に交換しなければならなくなったりし、貧血になる人もいます。一般的な内膜症でも起こりますが、子宮腺筋症の場合におこることが多いです。
しこりが触れる 子宮腺筋症などでは、子宮が大きくなり、腹部前面に突出してくると堅いしこりに触れることもあります。生理前や仰向けに寝ている時に気付くことがあります。
不妊症 不妊症は、子宮内膜症の重要な症状のひとつです。不妊症の約50%に子宮内膜症が存在されるとされています。知らない間に子宮内膜症が進行し不妊症になっている方もいます。

治療法

 子宮内膜症の一般的な治療は、大きく分けて「手術療法」、「薬物療法」があり、患者さまの症状の程度や年齢、妊娠を希望されるかどうかなどによって多くの選択肢があります。

鎮痛剤

GnRHアゴニスト

ジエノゲスト

EP配合薬/低用量ピル

病巣部のみを切除し、子宮や卵巣の正常部位を温存します。

卵巣の一部を残し、子宮や卵管などを摘出します。

子宮、卵巣または卵管などを全て摘出します。

当院は予約制となっております。お電話、
ホームページよりご予約下さい。

診療時間
10:00ー13:00
16:00ー19:00

△火曜の診療時間は15:00-19:00まで

☆金曜・土曜の診療時間は10:00-14:00まで

※午後の初診受付は18:30まで
※金曜・土曜の初診受付は13:30まで

休診日:日曜日・祝日
〒 537-0025
大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造2F
TEL: 06-6753-7416 FAX: 06-6753-7419

WEBでのご予約はこちら

JR環状線「玉造駅」から徒歩約1分
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」
③出口から徒歩約5分
◎駐車場あります

  • 当クリニックは
    女性専用
    クリニックです
  • ★男性のお連れさまへ

    当院は女性専用クリニックのため、男性のお連れさまの付き添いは
    ご遠慮いただいております。
    ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。